五能線をメインで運用される秋田支社向けのGV-E400系4両が川崎重工を出場した。いつも撮影が面倒に感じスルーしていたこの甲種も、施行回数は残りわずかになっていることに気付き、重い腰を上げて出撃した。
撮影が午前中で完結する8561レは前日入りが必須。せっかく前日入りするならと、新型ホキことGV-E197系の甲種も撮影したが、まともな撮影地はなく撃沈。ただの記録写真となってしまった。気持ちを切り替え、鶴岡のホテルでマルヨし、翌日の撮影に備えた。

2021001
◆8561レ:EF510-7+GV-E401-20+GV-E402-20+GV-E400-15+GV-E400-16
1発目は安定の藤島陸橋から撮影を開始。この甲種はかなり注目度がかなり低いようで、撮影地は貸切であった。

2021002
◆9561レ:EF510-7+GV-E401-20+GV-E402-20+GV-E400-15+GV-E400-16
2発目は金浦の陸橋付近から。陸橋で上から見下ろすように撮るのが有名だが、その立ち位置に誰もいなかったので、線路脇まで降りて撮影することができた。被りつきとなるが、陸橋の上からトウモロコシを入れて撮るよりは100万倍マシである。

この後は、草は交わせないが羽後亀田でも撮影し撤収した。